必要な準備を知っておく

>

自分たちが生活を送る場所

自分たちの暮らしを考える

リビングや浴室だけなど、一部をリフォームする場合は工事中でもこれまで通り生活を送ることができます。
ですから特に準備しておくことはありません。
ですが、全体をリフォームする時は住宅で暮らせなくなる可能性があると思ってください。
代わりの住居を、準備しておきましょう。
工事は、早ければ1週間で終わります。
長い場合は1か月近くかかってしまうかもしれないので、親しい関係の人の家に居候させてもらった方が良いです。

あまり親しくないのに長い時間居候すると、トラブルが起こるかもしれません。
余計なトラブルを起こさないように、周囲に頼れる人がいないか探してください。
見つからない場合は、ビジネスホテルなどを借りて生活しましょう。

近所への配慮

工事中は、かなりうるさくなることが考えられます。
急にリフォームが始まると、近所の住民がビックリしてしまうことがあるので気をつけてください。
前もってこの日からリフォームをするから、うるさくなるかもしれないと伝えておきましょう。
するとトラブルが発生しにくくなります。

近所の住民へ配慮することも、忘れないでください。
騒音トラブルが原因で、近所を険悪な関係になってしまうことがあります。
町内中の人にあいさつをする必要はありません。
両隣や、前後の住宅にあいさつをしていれば良いでしょう。
その時は手ぶらで行かないで、タオルや菓子折りなどを持って行きましょう。
リフォームする時は、自分たちのことだけを考えないでください。